オタク間恋愛

カプ厨は言うに及ばず、とにかく何かしらのキャラクター同士による恋愛が好きなオタクは一定数認められると思うんですが、先に挙げておいた連中の中でも「OPで出てくる順番が連続だったから」とか「何かしらの一枚絵で隣に居たから」とかのこじ付けにすらなってない理由で、そういう想像をする人も含まれる訳です。

まぁそこら辺の中身については、こっち側にヘラヘラしながらやって来たらゲンコツ飛ばして帰らせれば良いだけなのでとやかく言うつもりはないですが、このガバガバな人間関係に対する視点と認識、正に勘違い童貞のソレと同じなのでは、というお話。

ただその手の人種、ちょうどその童貞である所の百合厨みたいな人種だけでなく、寧ろ腐ってる人らの方がそういうの多いと感じる事も少なくないので、つまりオタク同士の恋愛は、もうそういう感情が渦巻きまくりのあれそれが迸っているのだろうし、相性も良いのだろうな、という。それだけ。

P5楽しい…

既に60時間以上やってる…楽しい…やめどきがわからない…

S4、M4

特段どころか粉微塵ほどの信用も無いけれど、S4のSは当然STARのSよね、って事にして、なるべく明るい星から選定しつつ、白鳥はデネブ(まんま)、如月がミモザ(はくちょう座ノーザンクロスと対になるサザンクロスの星の1つ、また花言葉としての豊かな感受性)、二階堂がフォーマルハウト(周囲と比べて一際輝く星であるというか、マリーナ聴いたらこれが自然に出てきただけ)、香澄がデネボラ(香澄は春を連想させるし春の星座と言えばししになるとは思うんだがレグルス、別名コルレオニスってあんまり彼女っぽくない気がするからってだけ)みたいな風に適当に決め付けてる訳です。

M4も、まぁ星でMって言ったらメシエだわな、って感じで、ちょうどすばるくんもいるんだけど、他3人に関してはこじ付けるもクソも無いような状態なんで首を傾げてたんです。ところがつい先日のコメンタリー上映で、男子部は20人ぐらいだとか何とかいう情報が流れてきて、んで実際カタログ番号以外の固有名を持つメシエ天体数えたら20ちょいぐらいで、やったぜ、とか言ってた。

今の所こんなんでどうでしょ。一年生組は昼の空なんで知りません。とは言ったもののツイッターでも書いた通りスピカとアルクトゥルスで夫婦星〜とか言ってふざける為には真昼も夜の空に出張させなければいけないので、やっぱり与太話は所詮、って感じで。

追記

上の方で二階堂はフォーマルハウトって言った理由、何か重要な事を忘れてたと思ったが、あいつの事でした、そうです白銀です。本当は白銀がアルナイルから導いたんです、はい。それだけ。

スターズ3、4話適当に

3話

OP明け開幕CAのひよっこひよこで思い出したが、ゆめのゆめはS4に〜、や、憧れのS4の姫先輩に憧れて、みたいな文章を意図的に出してきてるし、やっぱりそういうのが好きなんですかね。

七倉と桜庭のファーストコンタクト。ローラさん呼びから呼び捨てに。そして組み分けオーディションの話を自分に振られるまで泣きっぱなしの虹野。この時、組み分けオーディション前のレッスンで自信を無くしてる虹野に対して七倉からは既にお披露目の時のアレが出来たんだからと言われてる。桜庭からはマグレであんなステージが云々。いっぱい食べて頑張って、とか言われてるしゆめロラ路線既にあるんですね(錯乱)

ノーモアネガティブ初出。悔しナミダシーン回想時の灯台もここから見える景色。如月の劇組へ行った理由も、すばるが前にも同じような事が云々も、白鳥の歌組オーディション。

すばるくんやっぱり良いね。「お前合格したいの?」

組み分けオーディション、劇組の七倉が死ぬ程可愛い。虹野、歌が好き劣っていても歌いたい気持ちだけは誰にも負けない、と。こいつ本当にひめさまに憧れて歌が好きなだけとかなんとか抜かしてたのと同一人物か?アレ発動は無し。

4話

裏方回。山口さん初登場でもある。

あの虹野のS4番組すっとぼけ描写、何なんでしょう。普段からあそこまで抜けてる訳でも無ければ(そもそもひめ先輩絡みの話ですし本来覚えていない訳が無い)、当然あの力関連のタイミングの訳でも無いし、とにかく話の差し込まれ方と間が不思議。

朝でも夜でもピアノ弾いてる白鳥さん。

それにしても虹野くん仕事中に寄り道したり嫌そうな顔したり普通にしてますね…。

沢山の弦や駒がそれぞれ100%の仕事をしないと正しい音は奏でられない、とか何とか白鳥自身で言っておきながら、100%以上の力を発揮してくれる、と言われるS4

スターズ1、2話適当なメモ

1話

虹野方向音痴設定の初出。これは劇場版でリゾートアイランドのリゾートアイランド感を視聴者に違和感なく味合わせる事にも役立ってましたね。

21話のアレ以前の虹野の歌に関する七倉の言及もあり。「何かあったかいものを感じる」「(ひめ様に憧れて歌が大好きなだけに対し)でもそれって一番大切なんじゃないかな」そう言えばこの時の虹野はひめ様呼びなんだ。

入学式のひめ先輩の余りにも強すぎる挨拶。他3人は「まぁそんな感じだろうな」って感じの性格の大まかな知らしめみたいな。いつ見ても1人だけ風格が違い過ぎる。「もしもアイドルとして道に迷ったならS4を見てください。私たちは何時でも一番輝く星として皆さんの行く道を照らし続けますね」

何回か出る路線電車がやってくる風景も入学式前のここで出る。

システムの外でもステージドレスのままの虹野。気絶は関係あるか。

「新しい伝説が」「また始まる」

2話

元祖ゆめロラ回、俺も腹筋つつきてぇ…。

七倉の美組選択理由が香澄姉の瘴気に充てられたレベルのそれ。特定の個人に褒められたい、が原動力になるって相当だぞお前。

諸星学園長の不穏な発言。実力か偶然か判断しかねている状況で「いずれにせよ」四ツ星に相応しくないならやめてもらう、ってアレに対して相当厳しいスタンスじゃないですか、もー。でもそんななら何で21話まで泳がせておいたんです?

 

ここから始まる、これから見直す。

POPCORNへの気付きから改めて念入りに見返す必要が出てきましたねアイカツスターズ!。この1ヶ月弱それに辿り着かなかった自身のしょうもなさを省みつつ1話からじっくりしっかり見直していかなきゃな。

ちょっとアイスタ!お前…。

いやいや、マジでやってくれたな、って感じですわ。もう何というか本当に最高だな。来るべき展開がしっかり来たんだよ。嬉しい悲鳴とはよく言ったものだが、今回に限ってはそれぞれが別個に成り立っているので精神状況がとーんでもない。これやるならこのタイミングだろ!と思ってた現状ベストの選択をやってもらえた上で、それが劇中において最悪な展開なんだよ、堪らねぇ。選曲もまた文句無しに鬼畜としか言い様が無いね、お前ら正気かよ。桜庭見てみろよ。「ここからは私の時間」と言ってステージ出て前半パフォーマンスなんか完全に自身のペース(普通にフリ見てるだけでも分かるレベル)だったのが、サビ入った瞬間からなんか隣で大爆発されてんの。しかも「2人なら最強」の曲で。更に言うなら、映画のステージ前は、あの「2人なら最強」は桜庭が言って、それに虹野が「でしょでしょ」だったんだよ、レスポンス返さずに1人でぶっちぎってんの。まぁ桜庭自身が「私の時間」と言い切ってる時点で今回の勝負自体にその文脈含まれてないけど。もう本当楽しくて仕方ないね。ステージ終わった後のローラの表情よ表情。「おめでとう」を言う為に一旦落ち着こうとしても、いざ口に出してる時はあの顔ですよ、もう、ね?あんなん見せられたら俺なんかそりゃあもう桜庭ローラ大好き、って感じですわ、元から大好きだけど。面白すぎませんか、本当。それにしても桜庭はこれからどうしてくれるんですかね。闇堕ちしてオーロラライジング体得しようとするんです?ははは。